匿名クラブ(日本総局:兵庫県姫路市、総帥:樋茂国明、会長:樋茂佑吾)は、本日2016年5月20日に、環境省のプログラム「Fun to Share」に賛同し、参加およびロゴマークの使用を承認されました。

本会は、Fun to Share宣言に基づき、団体全体で環境保護、低炭素社会の実現に向けて取り組んでまいります。

会員各位におかれましては、パソコン・スマートフォン等をはじめとした電子機器の利用にあたっては、省電力での使用を心がけていただきますよう、ご協力をお願いいたします。

また、役員各位においては、団体活動にあたり、気象状況に合わせた服装の奨励、LED照明導入の推奨、無駄な紙資料の削減の徹底などをお願いいたします。

Fun to Shareについて

2014年3月にスタートした、地球温暖化対策のため、豊かな低炭素社会づくりに向けた知恵や技術をみんなで楽しく共有し発信する環境省による気候変動キャンペーンです。

最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、低炭素社会を作っていくための合言葉で、「目標に向けてガマンしながら必死に頑張るのではなく、毎日を楽しく暮らしながら、低炭素社会を作ろう」という発想です。キャンペーンでは、具体的な活動として、夏の節電対策として「クールビズ」、アサガオなどの植物を育てて作る「グリーンカーテン」、朝早くから活動して夜はゆっくり休むというライフスタイル「朝チャレ!」などを推奨しています。

詳しくはFun to Shareオフィシャルサイトをご覧ください。